目指せいい男☆岡崎かつひろ塾生ブログ

こんにちは、岡崎かつひろ塾塾生「けい」です!いい男目指して日々「岡崎かつひろ」さんから塾生として学び、実践していく中での気づき等を綴っていきます♪

【講演会】『第17回きずな出版定期講演会』@大森健巳先生・浦地純也先生から学ぶ、速読法「GSR」の可能性!

こんにちは!

岡崎かつひろ塾、塾生のけいです!

 

今日はいい天気!

日差しがあるところはまだまだ暑いけれど(笑)

日陰や朝晩はだいぶ涼しくなってきたー!

 

夏の暑い時期も過ぎたかな?

大好きな秋冬も、すぐ!

 

そんな8月下旬、

 

『第17回きずな出版定期講演会』

 

に参加してきましたー(*^▽^*)


f:id:keisho028:20190825123731j:image

今回のゲストは大森健巳先生、浦地純也先生のお二人ととても豪華!

 

まずはお二人のご紹介♪

 

【大森健巳(おおもり・たけみ)先生】

アンソニー・ロビンズのコーチングスキル、ジェイ・エイブラハムのマーケティング理論、スチュアート・ダイアモンドの交渉学、さらにブライアン・トレーシー、T.ハーブエッカー等のワールドクラスの講師から得た学びを駆使し、クライアントの短期業績アップに貢献する。
2014年4月に幕張メッセでおこなわれた「セミナーズフェスタ2014」では、6000人の集うセミナーの進行(ファシリテーション)を務め、アンソニー・ロビンズと共にセミナーをおこない、同氏より絶賛される。
同年に品川で開催された、アンソニー・ロビンズの公式プログラムである"ウェルスマスタリー"のファシリテーターを務めた唯一の日本人。
また、アンソニー・ロビンズ以外にもロバート・キヨサキ(不動産投資)、ブライアン・トレーシー(販売心理学)、ジェイ・エイブラハム(マーケティング)、ジム・ロジャース(世界三大投資家)、トム・ピーターズ(マッキンゼーの巨匠)といったワールドクラスの大物講演家たちと一緒の舞台に立ち、ファシリテーションをおこなっている。
政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々に指導をおこなう、インターナショナル・スピーカーとして活躍中。

Amazonレビューより

 

世界を代表する大物講演家と同じ舞台に立たれる、日本でも有数の講演家!

すごい!

 

【浦地純也(うらち・じゅんや)先生】

2013年、高知大学で理科教員免許を取得し、卒業。
その後、高校で2年間理科教師として働く。速読に出会い、感銘を受け、2015年4月に速読インストラクターとして独立。
愛知県で速読教室と学習塾を開校する。3年間で400人以上に指導をおこなう。
この3年間で「速読を身につけるのに限界がある」という悩みが出てきていた矢先に、スタンフォード大学博士スティーブン・ギリガン博士と出会う。
その後、2018年7月にワールドクラスパートナーズ株式会社と、新しい速読メソッド「GSR」を開発し、2日間の講座のトレーナーとして活動している。

Amazonレビューより

 

教員からの転身、そして若くして活躍されている!

 

そんなお2人が出版された本が、今回のテーマでもある

 

『人生を変える速読法「GSR」』

人生を変える速読法「GSR」

人生を変える速読法「GSR」

  • 作者: ジェネラティブスピードリーディング協会
  • 出版社/メーカー: きずな出版
  • 発売日: 2019/07/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

1冊10分で読めて、自分の脳力も上がる新しい速読メソッド!! 最新の脳科学と心理学によって体系化した新たな速読法「GSR(ジェネラティブ スピード リーディング)」をつかえば、300ページの本を10分で、しかも内容を理解して読むことが可能になります。そのうえ、読むのが早くなるだけでなく、仕事、勉強、家事、スポーツ、コミュニケーションなど、様々な効率もアップします。その秘密は、脳が活性化されることにあります。「ジェネラティブ」という心身の状態になることで、リラックスしながら、集中して、効果的に脳力を引き出し、無理なく速読を身につけることができるのです。「読みたい本があるのに、なかなか時間が取れない」「もっとたくさんの本が読みたいのに、一冊読むのに時間がかかってしまう」「速読を習ったけれど、成果が出なかった」「もっと成果を出したいことがある」当てはまる方は、ぜひ本書でGSRを体験してみてください。 ・GSRを可能にする3つの前提条件 ・なぜ、あの世界最強企業は「瞑想」を重視するのか? ・「速読の壁」が、あなたを遅読にさせている ・スタンフォード大学博士の脳力開発法 ・速読脳へ進化するための4ステップ ・必要のない本を見極めるシンプルな方法 ・1冊10分以内で読書「ハイパークイック式GSR」 ・2冊の本の内容をひも付ける「リンク式GSR」 ・GSRを最強の会議ツールとして活用する ・資格取得や大学受験でGSRを活用する ・「幸福感」と「読書量」は比例する……etc.

Amazonレビューより

1冊10分で読めたら、どんなにいいことか!

 

速読、できたらいいなと思いながらも「どうせ無理でしょ」と思って過ごしてきた自分

 

今回の講演で、少し概念が変わりました♪


f:id:keisho028:20190825123810j:image


f:id:keisho028:20190825123829j:image

※サイン貰いました(*^^*)

 

【パワフル!大森健巳先生による、読書の大切さを再認識するスピーチ】

まずは大森健巳先生によるスピーチ!

 

読書の大切さについて、話していただきました!

 

とにかく大森さんは話がうまい!

さすが、世界の舞台に立たれている方!

圧倒的です☆

 

ギャグ(といっていいのか笑)にとても親近感があり、どんどん引き込まれる講演

 

その中でも印象に残ったこと

 

「読書は人生を豊かにする」

 

ということが、大森先生自身から伝わってきたこと!

 

よく読書は人生を豊かにする、収入は読書量に比例すると聞くけれど

 

大森さんを見ていると「実際にそうなんだな!」と思わせられる、オーラ!

 

あんなに楽しそうに本について語る人をみたことがありません(笑)

 

「速読を習得することで、知識が増えるだけでなく、時間にゆとりができる」

 

たしかにそうだなと感じました!

 

その時間で、またクリエイティブな仕事をしていく!

 

純粋に、いいなと思いました!

 

GSRを体験!浦地純也さんの安定感あるスピーチ!】

続いては浦地さんのスピーチ!

 

元教員ということもあり、めちゃくちゃ丁寧!

わかりやすい!

 

GSRの体験も!

メトロノームと浦地さんの「上・下」という声に合わせて、視点を動かしていく!

 

うおー!

 

疲れる(笑)

 

でも、「このスピード感かー!」と、実感することができました!

これができるようになったら、すごいなー!

 

また、とても学びになったのは

 

『人はそれぞれ、読書から味わいたい感情や理解したいこと、感じたい価値観は違う』

 

ということ!

 

言われてみると当たり前だけれど、みんな自分と一緒とどこかで思ってた!

 

人との関わりも、また向上しそう♪

 

講演内では、読書タイプの診断も!

 

ちなみに僕は

 

『アクションタイプ』

迅速な「行動」が何より大切と考えるタイプ。

ワクワクすることを好み、高揚感に包まれながら行動することを望みます。

※人生を変える速読法「GSR」より

 

めっちゃ当たってるー!

 

言語化するって、すごいな!

自分のことも、少し知ることができました♪

 

【講演会に参加すること】

ゲストお2人の話がおもしろかったことはもちろん

 

学びも満載!

 

あっという間の時間でした!

 

読書するのはもちろん大事だけれど、

 

実際に講演会に足を運び、空気感を感じること

 

すごく大事だなーと感じる時間でした!(^^)!

 

初めて参加された方も

 

「楽しかった!」

「読書しようかな」

 

とモチベートされていました!これって、すごいこと!

 

僕ももっと、読書の良さも広めたいと思います☆

 

 

♯岡崎かつひろ♯日本の学び改革♯実業家♯講演家♯著者♯きずな出版♯なぜ、あの人は「お金」にも「時間」にも余裕があるのか?♯スタンディングバーSHINBASHI

 

 

↓岡崎さんの新刊が発売されました☆

 

 

【YouTube】『岡崎かつひろかっちゃんねる』「いますぐ〇〇〇を飲むのはやめなさい!」

こんばんは!

岡崎かつひろ塾、塾生のけいです!

 

先週の土曜日に由比ヶ浜に遊びにいきましたー!(^^)!

いままで山でばかり遊んでいたので、海には正直抵抗が…笑

 

でも、起業塾のメンバーでいけば楽しいだろうと、気合!

 

結果…

 

めっちゃ楽しかったー!笑

 

そんな中、男も女もみんないい体してることに驚きΣ(・□・;)

 

そして、気づきました!

 

スタイルのいい人の横を歩くには

自分もいい体にならなければ!

 

ということで、ずっとやらなきゃやらなきゃと思っていた

筋トレを始めましたー(((o(*゚▽゚*)o)))

 

僕は食べても痩せてしまう体質なので

 

まずは食べる量を増やして

 

肩の骨折もあったので、リハビリしながら軽めの筋トレ開始☆

 

体づくりの記事もいずれ書こうかな♪

 

 

前振りが長くなりましたが、今回は

『岡崎かつひろかっちゃんねる』

ヒマラヤチャンネル第92回「いますぐ〇〇〇を飲むのはやめなさい!」

 

を観て書いていきます(^O^)/

www.youtube.com

 

【〇〇〇を飲むのはやめなさい!】

今回もヨガインストラクター「朝比奈杏」さんをお招きしての回!

 

岡崎さんは、終始楽しそう(笑)

 

そして、この回はダイエットの話だけで進みます(笑)

 

その中で、驚きの事実!

 

『缶のハイボールには、砂糖が入っている!』

 

マジですかーΣ(・□・;)

 

ハイボールなら、太らないと思ってた!

 

今度の飲み会のネタにでもしようかな( *´艸`)

 

【なんでも楽しむ姿勢♪】

ダイエット話で進んでいく中

 

岡崎さんが富士山に登るチャレンジについて、紹介しています

 

しかも、

 

『海抜0メートルから登る、3776ルート』

 

に挑戦するとのこと!

 

すげー!

 

4年前に岡崎さんに出会いましたが、

 

その頃からも、ずっと楽しそう♪

 

そして、なんにでもチャレンジしている

 

成功者はお金と時間があるから、楽して過ごすイメージをずっと持っていましたが

 

岡崎さんはそんなことはまったくなく

 

なんにでも挑戦する!

 

そんな大人に、今でも憧れます!

 

YouTubeを観ながら、そんな当時のことも思い出しました!(^^)!

 

僕も、なんでも挑戦していくぞー!

 

 

♯岡崎かつひろ♯かっちゃんねる♯YouTube♯日本の学び改革♯実業家♯講演家♯著者♯なぜ、あの人は「お金」にも「時間」にも余裕があるのか?♯スタンディングバーSHINBASHI

 

 

↓チャンネル登録はこちらから☆

f:id:keisho028:20190821005134p:plain

 https://www.youtube.com/channel/UCGk8kSUiSQpfR3OR7Zrwfxg?sub_confirmation=1

 

↓岡崎さんの新刊が発売されました☆

 

 

 

【YouTube】『岡崎かつひろかっちゃんねる』「あなたの知らない世界!カロリー気にしてる場合じゃないよ。太らないカロリーを知っているかい!?」

こんばんは!

岡崎かつひろ塾、塾生のけいです!

 

今回は音声チャンネル「ヒマラヤ」

第93回『あなたの知らない世界!カロリー気にしてる場合じゃないよ。太らないカロリーを知ってるかい!?』

について書いていきますっヾ(*´∀`*)ノ

 

www.youtube.com

 

いきなり第93回ですみません!笑

過去ログも追っていきます♪

 

この回はヨガインストラクター「朝比奈杏」さんをゲストにお迎えしての回☆

岡崎さん、とにかく楽しそう…(笑)

 

【エンプティカロリーとは!?】

岡崎さんは無類のお酒好き♪

本人もバーテンダーの経験があり、YouTube内でも言っていますが実は飲食店経営者(笑)

 

知識もとても豊富!

 

醸造酒と蒸留酒の違い等も過去に教えてもらいました♪

 

その中で、気になるワード!

 

「エンプティーカロリー!」

 

お酒にはカロリーがないと思われがち

 

でも、このカロリーが存在するそう!

 

どういったカロリーかというと

 

『体に吸収されないカロリー!!!』

 

なんかいい感じがする(笑)

 

しかし、岡崎さん曰く

体には吸収されないが、体には堆積する。

つまり、翌日運動しても、このエンプティーカロリーから消費される。

だから、脂肪は減らない!

 

なんとー!

つまり、お酒のカロリーではなく脂肪の消費がされないから

 

太ったように感じる!

 

あまり有名でないことが不思議。

 

知ってるって、大事ですね!

 

 

【商売がうまくいく秘訣は!?】

楽しい話題の後は、少し真面目なお話!

 

岡崎さんがオーナーをしている

『スタンディングバーSHINBASHI』

 

僕も四年前からお世話になっていますが

 

いつもご飯がおいしい!

 

立ち上げてから約6年、食べログ評価☆3.46

 

その秘訣とは!?

 

お客として、味を確かめにいく。

疲れたり、忙しかったりすると、味が変わったりする。

 

~中略~

 

みんな現場から離れてしまう。

派手な仕事ばかりしたくなる。

だから的外れなアドバイスばかりして、お客が離れてしまう。

 

なるほどー!

実際に足を運ぶこと。

 

やってることは、とても地道!

 

映画「グレイテストショーマン」を例に分かりやすく説明しています!

本業にするところには絶対足を運んで、

ちゃんとビジネスの土台をつくった。

 そして、次に展開していった。

 

何事も、土台が大事!

派手な結果の裏側には地道な努力がある!

 

当たり前のことだけれど、それができるかどうか!

 

僕も地道な努力、続けていきます♪

 

今回もわかりやすく、楽しく学べる時間になりました(^O^)/

 

♯岡崎かつひろ♯かっちゃんねる♯YouTube♯日本の学び改革♯実業家♯講演家♯著者♯なぜ、あの人は「お金」にも「時間」にも余裕があるのか?♯スタンディングバーSHINBASHI

 

 

↓チャンネル登録はこちらから☆

f:id:keisho028:20190821005134p:plain

 https://www.youtube.com/channel/UCGk8kSUiSQpfR3OR7Zrwfxg?sub_confirmation=1

 

↓岡崎さんの新刊が発売されました☆

 

【YouTube】『岡崎かつひろかっちゃんねる』から学ぶ、メディアを使ったこれからの時代の学び方♪

こんばんは!

岡崎かつひろ塾、塾生のけいです!

 

今回から、いつも学んでいる岡崎さんのYouTubeチャンネル『岡崎かつひろかっちゃんねる』を題材に書いていきますっヾ(*´∀`*)ノ

 

【『岡崎かつひろかっちゃんねる』とは】

f:id:keisho028:20190821005134p:plain

『笑い×学ぶ=講演会』モットーにエンタメ系講演会の総合チャンネルを目指します!学ぶことの面白さを伝えて日本の学び改革をします!!

※公式チャンネル概要より

 

岡崎さんの経験からお話いただくスピーチや、本の書評、広い人脈から著者さんや各界で活躍されている方がゲストで出演される、なんとも贅沢なチャンネル!

 

岡崎さん自身も「自分にしかできないものを創っていく!」とおっしゃっています(≧▽≦)

 

メディアを活用した学び!

僕も楽しみながら、学んでいきます♪

 

内容については、次回から!!!(笑)

 

 

♯岡崎かつひろ♯かっちゃんねる♯YouTube♯学び♯講演家♯著者♯なぜ、あの人は「お金」にも「時間」にも余裕があるのか?

 

 

↓チャンネル登録はこちらから☆

 https://www.youtube.com/channel/UCGk8kSUiSQpfR3OR7Zrwfxg?sub_confirmation=1

 

↓岡崎さんの新刊が発売されました☆

 

 

【書評】『セカンドID~「本当の自分」に出会う、これからの時代の生き方』@Chapter5「セカンドIDをもって、本当の自分とつながる」

こんにちは!

岡崎かつひろ塾、塾生のけいです!

 

お盆休みも終わりですね〜

だいぶ充実した休みを過ごせました(*^^*)

 

今週からまた、頑張るぞー!

 

 

今回でラスト☆

小橋賢児さんの著書

『セカンドID~「本当の自分」に出会う、これからの時代の生き方』

@Chapter5「セカンドIDをもって、本当の自分に出会う」

 

について書いていきます(^O^)/

 

セカンドID―「本当の自分」に出会う、これからの時代の生き方

セカンドID―「本当の自分」に出会う、これからの時代の生き方

 

 

小橋さんの言う、「セカンドID」とは!?

 

【「Have to」から「Want to」へ】

「家族を養うために働かなければならない」

「いい大学に合格するために勉強しなければならない」

情報ばかりが優先してしまう社会では、どうしても未来からの逆算をしてしまい、このHave to(~しなければいけない)という状況に多々あってしまう。

 

もちろん、それがずべて間違いだとは思っていない。

過去の僕も、何かをしたいというWant toの感情よりも、目の前の現状を言い訳にしては、Have toの状況を自らつくりだしてしまっていた。

※本書より

 

この状態の人は多いはず

 

僕もその例外ではなく

 

環境の影響は大きいけれど

 

その状況をつくりだすのは自分なんだよなと、いまならわかります

 

しかし、自分が子どもだった頃はどうだろうか?見るもの触れるものすべてにワクワクし、後先なんて考えず、なんでもチャレンジできたはずだ。

 

本来、人は誰でも子供のようにワクワクして人生を創っていくことができるはずなのに、大人になり、いつしかその感覚を忘れてしまっていく。

 

映画を観たり本を読んだり、ライブやイベントに足を運ぶこと自体、普段できない「感動」=「自分の知らない感情」に出会いたいと、心のどこかで望んでいるからではないだろうか?

 

そんな「何かを楽しみたい」というきっかけから、気づきにつながることがあると思うんだ。

※本書より

 

感動を求めて、ライブやイベントに足を運ぶ

 

みんな無意識にやっているのに、感情と切り離してしまっているのかな

 

この文章を読み、そう感じました!

 

僕自身、小さいながらもイベントを主催していますが、

 

「いくつになっても無邪気に楽しめる場をつくりたい!」

 

そんな思いで、やっています!

 

みんな状況は色々あるけど、感動したいんじゃないかな~?

 

勝手にそう思っています(笑)

 

少なくとも、自分はそう

 

僕はまだ「人生の答え」なんておこがましくて教えられないけれど、無意識の感情に出会えるような場をつくって、多くの人が自らのWant toに気づくきっかけづくりをしたいと思っている。

 

かつて俳優を休業し、まさに自分探しをしていた中で出会ったさまざまなイベントという場。

そこで自分の知らない、あるいは自分が封印していた感情に出会ったときに、固定概念がはずれ、自分の 内からあふれ出てくる感情からWant toが生まれていった。

 

そのWant toーつまり「したい!」という小さな思いこそが、本当の自分の人生が動き出すきっかけになるのではないだろうか。

※本書より

 

【セカンドID】

自分の経験を通して思うのは、さまざまな職業を経験したことで、自分が心からやりたいと思うことに少しずつ出会うことができたということだ。

※本書より

 

1つのことに打ち込むことは、すごいこと!

 

でも、何も今知っているものに限定しなくてもいいのに、と思うことが多々ある

 

僕自身も、好きなものはたくさんあるけれど

 

そんな最初からすべて知っていたなんてことはない

 

少しずつ、少しずつ

 

行動してきたから手に取れたものばかり

 

だからこそ、感じたら行動してみるんだ。

普段いるコミュニティとは違うコミュニティに属してみたり、またどんな小さなことでも、いつもとは違うことやワクワクしたことにチャレンジしてみることで、新しい自分のアイデンティティに気づけることがあると思う。

 

そこで見つけた新しい自分こそが、「セカンドID」なんだ。

※本書より

 

【最後に】 

 小橋さんの言葉は、感情に訴えかけるものばかり

 

とても共感しやすい!

 

そして、波乱万丈な人生は、とても興味深く、そして勇気をもらいます♪

 

 

今、不自由さや息苦しさを感じている人

 

動き出したいけれど、その道が正しいかわからないと自信が持てない人

 

そんな人に勇気をくれる一冊だと思います☆

 

 

僕自身も、行動し、新しい自分を発見していきます(≧▽≦)

【書評】『セカンドID~「本当の自分に出会う、これからの時代の生き方」』@Chapter4「人生は「想定外」に出会うことで広がっていく」

こんにちは!

岡崎かつひろ塾、塾生のけいです!

 

昨日は海水浴で由比ヶ浜へ♪

帰りに少し鎌倉観光をしましたー!

 

鎌倉、街並みがいい雰囲気(*^^*)

鶴岡八幡宮に立ち寄り、おみくじを引いたところ…

 

なんと、大吉!

たしか去年からおみくじ3連続で大吉(笑)

運を味方に、がんばるぞー٩(`・ω・´)و

 

 

さて、今回は小橋賢児さんの著書

『セカンドID~「本当の自分に出会う、これからの時代の生き方」』

@Chapter4「人生は「想定外」に出会うことで広がっていく」

 

について書いていきます!

 

セカンドID―「本当の自分」に出会う、これからの時代の生き方

セカンドID―「本当の自分」に出会う、これからの時代の生き方

 

 

 【あえて一度、リセットをする】

「ULTRA JAPAN」をはじめとして、ありがたいことに多岐にわたる分野の仕事をいただけるよになった。

でも、イベントやパーティのプロデュースなど華やかな仕事のど真ん中にいることが続くと、自分の感覚を一度リセットしたいという衝動にかられることがある。

 

ちょうど「ULTRA JAPAN 2015」が終わったあたりから、いったんいまの生活から意図的に外れたいと思うようになっていた。

 

※本書より

 

仕事が順調にいく中でも、天狗にならず、自分を客観的に見れる小橋さんは

本当にすごい!

 

いい流れになってくると人は盲目的な感覚に陥りやすいことを、過去の経験から知っていたし、いまあるコミュニティの中にいるだけだと、本当の自分の考えや感覚が見出せないと感じていたのかもしれない。

 

そして、毎日SNSを使って生活をしていると、自分や自分の仲間のコミュニティで語られていることが、あたかも「たったひとつの正解」であるような気になってしまう。

 

誰かが発した考えが、知らず知らずに自分自身の考えとなってしまうことだって、ときとしてある。

しかし別のコミュニティに行けば、まったく違う感覚の人たちが、まったく違う答えを出していることもある。

※本書より

 

この感覚を忘れてはいけないなと、強く思いました!

 

ちょうど田舎に帰省していて、感じたこと。

 

自分は田舎から出て、大学にも行くことができ、東京で経験を積んでいる。

会社以外の時間に、起業塾でも学んでいる。

 

方や、地元で過ごし、地元のコミュニティで完結している仲間がいる。

 

「もっと外の世界を見たいとは思わないのかな?」

 

昔から疑問でした。

 

でも、ふと今回「それでも満足している人もいるんだよな」

 

そう思う瞬間がありました。

 

自分の感覚を押し付けない。

 

そんな中で、自分はどうしたいのか。

 

今ある考えは、誰かの受け売りではないか。

 

会社の仕事でも、イベントでも、人脈づくりでもある程度形になってきている今

 

改めて、自分に問いたい。

 

【伝統への疑問と「STAR ISLAND」の発想】

 まず、「STAR ISLAND」とは

 

 「共感覚エンターテインメント」をテーマに、日本の伝統的な花火とテクノロジーやパフォーマンスを融合させたイベントとして2017年からスタート。

2018年の年末には、シンガポール政府観光局と組んで、シンガポールを代表するカウントダウンイベントとして手がけることにもなった。

※本書より抜粋

 

この「STAR ISLAND」からくる伝統の話と、アイデアの構想の話がとても好きになりました☆

 

伝統と言われる所以は、その時代の人がものすごい熱量と情熱をもってクリエイションしてイノベーションを起こしたから。

 

そして、それを体験した人たちが、全身の毛穴が開くような強烈な体験を後世まで残したいという思いで紡がれ、伝統になったのではないだろうか。

 

しかし、時間とともに、その時代のイノベーションはいつしか「ただ守るだけ」のものになってしまっているのも否めない。

それでは、いまの人たちからしたら、古いものをただ押し付けられているだけになってしまう。

 

本質的に残していくのであれば、当時と同じような熱量でクリエイションして、イノベーションを起こして、毛穴が開くような体験にしてファンにしないといけないのではないだろうか…。

※本書より

 

伝統を守ることは、クリエイションすること。

この考えは今までありませんでした!

 

田舎も好きで、何かを後世に残していきたいという想いもある。

でも、既存のやりかたでは厳しそう。

 

すべては、クリエイションすること!

この考え方をもっていきたい(^O^)/

 

僕はいつも何かアイデアを構想するとき「出会い」+「ストック」+「違和感」というこの3つのプロセスを大事にしている。

 

そしてこの「STAR ISLAND」は、まさにこの3つの要素から生まれた新しいイベントだったと思う。

・花火師との出会い

・ULTRA JAPANで培ったノウハウという「ストック」

・そして、伝統に対しての「違和感」

※本書より

 

すごくわかりやすい!

 

人は感覚、意識、思考を自動的にストックしている。

 

日常では、違和感を覚えることもある。

 

そこがチャンス!

 

その「違和感」は、いずれ何か大きなものに変化すると信じることが大切なんだと思う。

※本書より

 

自分のストックを信じて、違和感に突き進む!

 

【次回】 

小橋さんの物事に対する価値観を知ることができ、とても学びになるChapterでした♪

 

次回Chapter5「セカンドIDをもって、本当の自分とつながる」

 

学びます(*^^)v

【書評】『セカンドID~「本当の自分」に出会う、これからの時代の生き方』@Chapter3「本当の自分を解放しよう」

こんばんは!

岡崎かつひろ塾、塾生のけいです!

 

地元から、東京に戻ってきましたー♪

 

実家でもWi-Fiが使えるようになった

コンビニに並ぶものも同じ、Amazonで発注もできる

 

都市も地方も物質的な差がなくなった実感をした!

 

じゃあ、東京で何をするのか?

経験を積むこと、多くの人と関わること☆

 

活動するぞー(^O^)/

 

 

さて、今回は小橋賢児さんの著書

『セカンドID~「本当の自分」に出会う、これからの時代の生き方』

@Chapter3「本当の自分を解放しよう」

 

について書いていきます!

セカンドID―「本当の自分」に出会う、これからの時代の生き方

セカンドID―「本当の自分」に出会う、これからの時代の生き方

 

 

【「死を受け入れ、あえて開き直る」】

アメリカから帰国した小橋さん

 

しかし、すぐに仕事につくことはできず、貯金もつきる

 

その内引きこもり、寝たきり状態に

 

毎日ギリギリの精神状態

 

ふと、病気を疑い病院へいったところ…

 

「肝機能障害です。小橋さん、このままだと、死んじゃいますよ」

※本書より

 

そんな、小橋さん色々あり過ぎですよ…

 

そのとき、ふとこんな二択が頭に浮かんだ。

「このまま病気を言い訳にして、ただの中年オヤジになるか、それとも病気を克服して第二の人生をスタートさせるか…」

 

いままで、現実から逃げ出すことで自分を守ろうとしていた。

そうやって逃げることを繰り返してきたけれど、逃げても逃げても、結局はこうやってどん底まで落ちてしまったという、なんとも無残な現実がここにある。

 

「だったらもう逃げても意味がない。落ちるところまで落ちたからこそ、あとは上がるだけだ」と、そのときなぜか素直に開き直ることができた。

 

そうやって一度開き直ってしまったことで、少し心が解放された気がした。

※本書より

 

小橋さんの強さはここにあると感じます。

 

極限の状態で、自分と向き合うことができる。

自分の気持ちに素直になれる。

そして、行動に移せる。

 

【強制的に環境をつくってしまう】

 もうひとつ、この「強制的に環境をつくること」

 

小橋さんの強さだと感じます!

 

肝機能障害の宣告を受け、開き直ったのちに

 

「自分の30歳の誕生日を、セルフプロデュースする」

 

という目標を掲げた小橋さん。

 

なかなかできないですよ、そんなこと(笑)

 

昔から、最初に環境をつくらないと行動に移せない性格だったので、お金もないのに見栄を張り、無謀にもお台場のホテルのプールサイドを貸し切ってしまった。

 

そうやって、後に引けない、逃げられない状態をつくったんだ。

※本書より

 

自分の性格をよく理解し、効果的な行動に移す

 

 小橋さんと同じことは厳しいかもしれないけれど

 

同じような考え方、行動はできる

 

人は誰でも、3か月本気でやれば、変われると思う。

瀕死の状態から、自分の誕生日を自分でオーガナイズしようと思いつき、ひたすらこの日のために生きてきた3か月。

 

どんな状態でも、人は本気になればたった3か月で変われるんだってことを、身をもって知ることができた。

 

そして、想像を超える300人という人たちが参加してくれたことは、シンプルに仲間のありがたみを感じることができた。

※本書より

 

小橋さんのすごいところ

 

この一点集中の力

 

1つやると決めたら、なりふり構わずとことんやる姿勢

 

 見習わなければ!

 

「成功者は、赤子のように求める」

 

起業塾で学んでいることですが、

 

結果が欲しければ、とことんやるし、周囲を気になんかしない

 

 

そこから、イベントプロデュースの仕事がはじまり

 

作家の高橋歩さんとの出会い

 

映画監督

 

ULTRA JAPANのプロデュース

 

と進んでいく小橋さん

 

 

『覚悟を決めること』

『とことん集中すること』

 

このChapterで学びました!

 

 

【次回】

Chapter4「人生は「想定外」に出会うことで広がっていく」

 

次回も学びます♪